ミスチル「京都音楽博覧会2016」セットリストを見て、脳裏を横切ったある事とは?

京都


本日悪天候の中、京都の梅小路公園 芝生広場で「京都音楽博覧会2016」が開催されました。


今回のフェス、セットリストに関して注目していた点は


①フェスのコンセプトから、選曲がバラード・ミディアム寄りになるのか?

②新曲「ヒカリノアトリエ」のサプライズ披露があるのか?


開催まで色々と頭の中で想像が広がるフェスでしたが


まずはセットリストの紹介です。


ミスチル「京都音楽博覧会2016」セットリスト


1.名もなき詩
2.Tomorrow never knows
3.Melody
4.PIANO MAN
5.ランニングハイ
6.しるし
7.足音~Be Strong
8.僕らの音


くるり+桜井和寿のコラボ


1.シーラカンス




いや~きましたね

勇気ある選曲

こういったマイナーな曲を持ってくるミスチルが大好きです。



それでは曲ごとに少し解説をしたいと思います


1.名もなき詩
2.Tomorrow never knows



最初の2曲は挨拶がわりというか、今年のフェスの選曲の傾向と全く同じです。

ミスチルファン以外も多く参加するフェスですからこうなるのは必然です。


しかし次の曲


3.Melody


これはちょっと意外というか、驚きましたね。

多分、全体の流れを考えて次のマイナーな2曲につなげるという意味で

やさしく、なお且つ盛り上げる

そういったミスチル側の意図を感じました。


4.PIANO MAN


ここでピアノマンきましたか!

勇気ある選曲です。

「この曲、会場の雰囲気に合うの?」

そういったファンの声も聞こえてきそうですが

このミスマッチ感がいいんですよ!


そして・・


5.ランニングハイ


きましたね

まさかまさかの「ランハイ」

これはコアなファンならある意味、絶叫物の選曲ですよ!

ミスチル単独のツアーでも2007年の「HOME TOUR」以来9年間演奏されていませんからね。


これ、会場の反応はどうだったんでしょう?

凄く気になります

「ぽかーん」状態だったのかな?

ミスチル側は「しめしめ」

と思っていたに違いありません。


6.しるし
7.足音~Be Strong

このあたりは、今年のフェスの傾向と同じです

さすがに、全てマイナー曲という訳にはいかないですから有名曲を混ぜてきました。


8.僕らの音

多分会場にいたら、イントロ聴いた瞬間泣いていたかも・・・

実はこの曲、特別好きと言う訳でもないんです

ではなぜ泣く?

それは

時期的に、そしてシチュエーション的に最高だと思ったからです。



歌詞に「9月の朝・・」とでてきますが

今の時期に聴くとなぜか「うるっ」とくるんですよ


そしてライブのラストでしょう

最高じゃないですか???

いやぁー雨だったとはいえ、このライブに参加できたファンが羨ましいですよ。




全体的な感想としては

ミスチルのファン以外も多く集まる中、

アウェイでも観客に媚びず


自分たちが演奏したい、伝えたい曲をやる

そういう姿勢がカッコいい!




そう思えたセットリストでした。




以上セットリストについての感想でした。



このセットリストをみた瞬間ある事が脳裏を横切りました


そのある事とは?



※以下「虹」のセトリに関するネタバレを含みます









「9月21日(水) 岩手県民会館から始まる 「虹」後半のセットリストと何らかの関連があるかも」


という事。


自分が「虹」ツアーに参加してみて、


「ホールツアーに合うだろうな」


と思った2曲


「Melody」 「僕らの音」

この2曲は、音を聴かせるという意味でも、雰囲気的にもホールツアー「虹」にぴったりです


そして

「ランニングハイ」


おとなしめの曲が多い、ホールツアー「虹」の中でアクセント的な意味でも映える曲かも・・・


この3曲を演奏したという事は「虹」後半のセトリに組み込まれる可能性が高い・・・


以下ホールツアー「虹」のセットリストですが

01 おとぎ話(新曲)
02 水上バス
03 優しい歌
04 彩り
05 you make me happy
06クラスメイト
07 PIANO MAN
08CANDY
09妄想満月
10もっと
11 傘の下の君に告ぐ
12 マシンガンをぶっ放せ
13 WALTZ
14 血の管
15 こころ(新曲)
16 くるみ
17 GIFT
18 HERO
19 足音~Be Strong
20 通り雨
21 虹の彼方へ

アンコール
22 名もなき詩
23 Tomorrow never knows
24 あんまり覚えてないや
25 忙しい僕ら(新曲)



もしこの中に組み込むとすれば


01 おとぎ話(新曲)
02 水上バス
03 優しい歌
04 Melody
05 you make me happy
06 クラスメイト
07 PIANO MAN
08 僕らの
09 妄想満月
10 もっと
11 傘の下の君に告ぐ
12 ランニングハイ
13 WALTZ
14 血の管
15 こころ(新曲)
16 くるみ
17 GIFT
18 HERO
19 足音~Be Strong
20 通り雨
21 虹の彼方へ

アンコール
22 名もなき詩
23 Tomorrow never knows
24 あんまり覚えてないや
25 忙しい僕ら(新曲)


全体の流れ的にも全く問題はありませんね。


まだ、現時点では京都・音博での選曲との関連はメンバー・スタッフしか知り得ませんが


今年参加のフェスと大きくセトリを変えてきたという事は、何か意図するものがあるはず・・・。


とにかく、虹後半のスタートまであと3日、楽しみに待つとしましょう。






関連記事
ブログパーツ