ミスチル「虹」北海道・帯広のセトリと桜井さんの「ホールツアーを〇〇にしようと思っている」発言

ホールツアー北海道2公演目「帯広」でのライブが開催されました。

北海道シリーズは全3公演

①09/28(水)旭川
②09/30(金)帯広
③10/02(日)釧路

今日はその2公演目、帯広市民文化ホールでの開催です。

この会場は、何と4階まであります!

そして、日本音響家協会と日本劇場技術者連盟が認定する

音響家が選ぶ優良ホール100選」に選ばれた会場というだけあり

音響や、スタッフの応対が非常に良いとの評判です。


この素晴らしい会場で、ヒカリノアトリエメンバーは一体どんな音を奏でたのでしょうか?

それでは早速セットリストを紹介します。


ホールツアー「虹」帯広セットリスト


01 おとぎ話
02 水上バス
03 Melody
04 You make me happy
05 クラスメイト
06 PIANO MAN
07 つよがり
08 くるみ(弾き語り)
09 もっと
10 掌
11 ランニングハイ
12  PADDLE
13 終末のコンフィデンスソング
14 血の管
15 こころ
16 進化論
17 東京
18 足音〜Be Strong
19 通り雨
20 虹の彼方へ

<アンコール>
21 ヒカリノアトリエ
22 名もなき詩
23 Tomorrow never knows
24 僕らの音


セットリストは、弾き語りコーナー以外旭川公演と全く同じですね。

注目の弾き語りは「くるみ」です。

「虹」前半で演奏していた「くるみ」が弾き語りで復活した形になります。


この曲を選んだ理由について桜井さんは

「朝起きたら9月30日で、くるみの日だった」と発言しています

903でくるみ・・・らしいです。


ここで注目したいのが「朝起きたら」という発言で

弾き語りコーナーの選曲は、その日の朝決めた事になります。

という事は、今後桜井さんのその日の気分次第で、「あっ」と驚くような選曲もしてくるかもしれませんね

(さすがにコードの確認やら、リハーサル的な事もするでしょうから、ある程度の選曲は頭の中にあるでしょうが・・・)

MCでの「ホールツアーを〇〇にしようと思っている」発言


本日のMCで

ホールツアーをライフワークにしようかと考えていて…


との発言があったようです。


ちなみにライフワークという言葉の意味を調べてみると



作家や研究者、表現者などが、生涯の仕事として人生を捧げたテーマのことである。天職。

                                                      ウィキペディアより



桜井さんがこの言葉の意味を知った上での発言かは分かりませんし、ただの思い付きかもしれませんが、

ホールツアーそのものをかなり気に入ってしまっているが故に、ついつい出てきた言葉だというのは間違いなさそうです。


ホールツアーについて桜井さんは

「観客と、とにかく近い 吐く息まで聞こえてきそう」

「音がとにかく良くて、演奏していて気持ちがいい」

「アリーナやドームとは全く違う、ライブハウスとも違う」


と発言しています。


この「ライフワーク」発言を真に受けるとすれば、

ホールツアーが好きで好きでたまらないから、今後ずっと続けていきたい

という事になりますね。


まぁファンにとってはチケットについて色々と悩みが増えそうですが^_^;


さいごに


以上、セットリストとMCの紹介でした。

ファンのツイッターや掲示板を見る限りでは、この「虹」ツアー桜井さん自身、楽しんでいる事は間違いなさそうです。

このホールツアーを通じ、桜井さんがまたいろいろな事を経験してそこから新たな楽曲が生まれてきたらいいなぁなんて思っています。

それでは・・・



※この記事は、ファンのツイッターやネット掲示板の情報を元に、管理人の解釈を交え作成しています。
よって実際の発言と、若干ニュアンス等異なる場合もございますので、ご理解の上、記事をお読み下さいませ










関連記事
ブログパーツ