武道館公演は今後のアリーナツアー「電子チケット入場」の予行演習だった!?

今回のホールツアー「虹」日本武道館公演、もう一つ注目していた点があります。

それは「電子チケット入場がスムーズにいくか」という事でした。

ご存知、今回のホールツアー「虹」は全公演電子チケットの入場です。

普通に考えて2000席未満の会場はある程度入場がスムーズにいくでしょうが

武道館はその7.5倍の15000席。

これは完全なわたしの憶測なのですが、ホールでもないのに会場に選ばれた武道館

もしかしたら今後アリーナツアーでの電子チケット入場の予行演習も兼ねて??などと

勘くぐってしまいました。

それでは今回はミスチルと電子チケットの今後について少しお話します。

武道館の電子チケット入場はスムーズにいったのか?

今回ライブに参加したファンのツイッターなどを見ていると、そのほとんどが

「スムーズにいった」「全く問題なかった」

と発言しています。

「規模が大きいので大丈夫かな?」

と心配していましたが、ほとんどトラブルもなかったようです。

ミスチルの今後のツアーではどうなるか?

ミスチルのライブのメイン会場はやはりアリーナです。

(詳しくは過去のライブ全セットリスト・会場情報にまとめています)

つまり、今回の武道館公演の入場がスムーズにいったということは

今後のアリーナツアーでも全公演電子チケットでの入場になる可能性が現実味を帯びてきました。

もし、今回の武道館公演で、ミスチルサイドが

「全く問題なし!」

と判断した場合、今後電子チケットに変わっていく可能性は高いでしょうね。

ドーム・スタジアムは?

まだ、アリーナツアーですら電子チケット採用はありませんので何とも言えません。

もし次のアリーナツアーで全て電子チケット入場を行い、ファン、スタッフ双方が慣れていけばいずれは、ドームでも電子チケット入場になる可能性もありますね。

他のアーティストは?

B’z、嵐、コブクロ、モモクロ、THE YELLOW MONKEY 、UVERworld、コブクロ、ゴスペラーズ、サカナクション、THE YELLOW MONKEY、ファンキー加藤、安室奈美恵などが電子チケットを導入しています。

上記アーティストは基本ホール~アリーナ規模ですが、モモクロはスタジアム規模での採用です。

顔認証システムとは?

顔認証システムとは、チケット申し込み時に事前に自分の顔写真を登録して、入場時に照合するというシステムです。

今回、勘違いされていたファンも多かったようですが、顔認証システムは今回のホールツアーで採用されていません。

(ミスチルでは2015年の「2マンLIVE ZEPP TOUR」で採用

ちなみにミスチル以外では福山雅治、ももいろクローバーZ、B’z、いきものががりなどが採用しています。


顔認証も様々で

ももいろクローバーZの場合、NECの最新システムによる顔認証。

入場時タブレット端末で入場者を撮影し、コンピューターが事前に登録してあった写真と照合する方式です。

嵐のライブでは、係員が目視で写真と照らし合わせるというアナログ方式でした。


さいごに「チケット高額転売取引問題の防止」を求める共同声明の紹介


さいごに、この記事を書くきっかけとなった、8月23日のアーティストによる共同声明を紹介です。

ちなみにミスチルも連名で参加しています。



チケ広告連盟 

「チケット高額転売取引共同声明」オフィシャルサイト
http://www.tenbai-no.jp/

ミスチルサイドも含め、もいよいよ動き出しました。

こういった経緯もあり、今後はミスチルも電子チケットに移行していく事は間違いないでしょう。

電子チケットはファンにとってメリット、デメリット色々とあり意見は別れるでしょうが、チケットのあり方については今ちょうど転換期に当たる所だと思います。

今後の動きに関してはミスチル側の考え方も含め見守っていきましょう。

それでは・・・。






関連記事
ブログパーツ