Mr.Children Hall Tour 2016 虹 開催決定!!

h1_title.jpg


ホールツアー「虹」ライブレポ 周南市文化会館 アップしました!(ネタバレ有り・セットリスト有り・MC有り)

2016新曲についての詳しい解説はこちら(忙しい僕ら・こころ・おとぎばなし)

電子チケットでの入場方法

虹ツアー後半 北海道・東北 チケット・会場詳細



まとめ3

Mr.Children Hall Tour 2016 虹


携帯電話にこのニュースが入った時は本当びっくりしました。

昨年は100万人以上を集めた大規模なツアー、その後ゼップで対バンツアーを行い、その反動でしばらくの間、充電期間にあてると思っていましたから・・・

しかも今日、「2016年 ライブ会場不足問題はミスチルに関係ない」(=しばらくライヴはしないから関係ない)という記事を書こうと思っていた矢先の出来事だったからなおさらです。
2016ライブ会場問題について→
こちら

いきなりのホールツアー発表で、ファンは驚きと同時にテンション上がりまくりですが、

それと同時に不安が・・・

チケットが取れない。

これにつきます。

常に付きまとうこの不安・・・。

嬉しさと同時に沸き上がるこの感情。

これはもうミスチルファンの宿命ですね。

一応自分はファンクラブに入っていますが、ツアー「虹」の総座席数は東京ドームの半分以下の為、当選確率はかなり低いと予測します。

ちなみに今回、ファンクラブ先行予約は2月28日までの会員限定ですから、

今日のツアー発表を知って会員になろうと思っても先行予約はできませんので注意して下さい。

しかも、一般発売はありません。

一般発売が無いといっても、オフィシャルサイト先行抽選予約がありますから、ファンクラブ会員以外はこちらで申し込むしかないです。


オフィシャルサイト先行抽選予約:2016年3月24日(木)19:00~3月30日(水)18:00  
(受付終了)

※3月30日(水)追記 本日19:00~セブン-イレブン先行抽選予約受付開始がアナウンスされました(受付終了)

※4月03日(日)追記 本日19:00~当日引換券の受付がアナウンスされました(受付終了)



ツアーの目的とは?


しかしこのツアーの目的が何なのか気になります。

①ミスチル側が新しい刺激を求めている

②普段訪れる事がない土地のファンへの恩返し(ファン感謝祭的な意味合い)

③対バンツアーに参加できなかったファンの気持ちに少しでも応える(ミスチル側も気にしていた)

④アルバムreflectionで披露できなかった曲を演奏する

⑤しばらく都心のアリーナ会場修繕工事で会場が利用できなくなる為、今のうちにホールツアーを行っておく

思いついた理由をあげてみましたが、これといった決定的な理由は見当たりません。


まぁ難しく考えず、このツアーが行われるだけでもよしとしましょう。

【公演詳細】
4月15日(金)  山梨・コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール) 17:30開場/18:30開演
4月17日(日)  岐阜・長良川国際会議場 17:00開場/18:00開演
4月22日(金)  宮崎・宮崎市民文化ホール 17:30開場/18:30開演
4月24日(日)  佐賀・佐賀市文化会館 17:00開場/18:00開演
4月28日(木)  高知・高知県立県民文化ホール オレンジホール 17:30開場/18:30開演
4月30日(土)  
山口・周南市文化会館 17:00開場/18:00開演
5月6日(金)    島根・県芸術文化センター 「グラントワ」大ホール 17:30開場/18:30開演
5月8日(日)    鳥取・米子コンベンションセンター BiG SHiP 17:00開場/18:00開演
5月12日(木)  滋賀・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 17:30開場/18:30開演
5月14日(土)  奈良・なら100年会館 17:00開場/18:00開演
5月19日(木)  秋田・秋田県民会館 17:30開場/18:30開演
5月24日(火)  福島・郡山市民文化センター 大ホール 17:30開場/18:30開演
5月26日(木)  茨城・茨城県立県民文化センター 大ホール 17:30開場/18:30開演
6月4日(土) 東京 日比谷野外大音楽堂 開場 16:00 / 開演17:00

会場の詳細・座席数に関してはこちら(「虹」前半)

会場の詳細・座席数に関してはこちら(「虹」後半)


4月1日追記 追加公演が決定しました(以下6公演)

9月21日(水) 岩手 岩手県民会館 大ホール 17:30開場/18:30開演
9月23日(金) 青森 八戸市公会堂 17:30開場/18:30開演
9月25日(日) 山形 南陽市文化会館 17:00開場/18:00開演
9月28日(水) 北海道 旭川市民文化会館 大ホール 17:30開場/18:30開演
9月30日(金) 北海道 帯広市民文化ホール 大ホール 17:30開場/18:30開演
10月2日(日) 北海道 釧路市民文化会館 大ホール 17:30開場/18:30開演


さらなる追加公演はあるのか?

北海道・東北公演の追加公演発表。皆さんは「まだやるの」と思われましたか?
それとも「少ないなぁ」と思われましたか?

更なる追加公演の有無の判断は非常に難しいですが、自分は以下の考察をしてみました。

ついかこうさつ


見所は?


ホールツアーと言えば、桜井さんの病気で
幻となった「TOUR 2002 DEAR WONDERFUL WORLDをいまでも思い出しますが、実際に開催されたホールツアーとしては

「Mr.Children '94 tour innocent world」以来

約22年振りの開催となります


このツアーの見所になりそうなのが

①セットリスト


通常のアリーナツアーと違い、セットリストの予測が難しいです。

このツアーのコンセプトがまだはっきり分からない為、どういった曲構成になるのか

考えるだけでもワクワクします。

②ライブでの一体感


1万人クラスのアリーナ、5万人クラスのスタジアムともなると会場の一体感は凄まじいものがあります。

しかし今回のホールという空間は、通常のキャパより約10分の1となり、しかもステージから

観客席の最前列(最後列)までの距離も近い為、いつもとはまた違った一体感が味わえると思います。

会場を包む雰囲気も温かいものになりそうです。

①MC(地元トーク)


実はこれが一番楽しみなのですが、普段来ない土地にミスチルが来た時に、どういった話をするのか・・・

凄く興味があります。地元ネタなどを絡めてくれると、凄くうれしいし、会場も盛り上がりそうです。



ちなみに今回、自分が今住んでいる県にも来ます。

本当、こんな田舎にミスチルがくるなんて、夢のような話です。

地元県民としては、ミスチルが来てくれるだけで心から嬉しいです、町をあげて大歓迎です。

そしてちょっとした騒ぎにもなりそうです。

チケットをとれるかどうかは分かりませんが、とにかく楽しみに待つとします。

セットリストは「虹」がキーワードになるのか?それとも・・・


ミスチルの楽曲で、歌詞に「虹」というフレーズを含むのは、以下の11曲。

2虹ソング

桜井さん、「虹」というフレーズが結構好きなんですね^^

これをふまえたうえで、「虹」で演奏しそうな曲を予測します。

まず今回のツアーの目的や、方向性などは公式サイトでも全く発表されていませんので
セットリストの予測は大変難しいです。

現段階で考えられるセットリストとしての方向性として考えられるのは

①上記の「虹」をキーワードにした曲(明るいとか前向き)というイメージを中心に
  シングル曲を織り交ぜながらの構成。

②普段あまり演奏しない曲をメインにした構成。ファンが「あっ」と驚くようなマイナーで
 意外性のある曲を中心に演奏。ポイントは対バンツアーで演奏した曲や「ツアー未完」で
 演奏していないリフレクションの曲ををやるかやらないか。

大きく分けて上記2つだと思われます。ミスチルのセットリストは今までもファンを
いい意味で裏切るような構成も多かったので、予測が難しいですが、まず曲単位で
演奏しそうな曲を予測します。


①虹の彼方へ

これは誰もが思い浮かんだでしょう

ツアータイトルが「虹」ですからね。当然のごとく「虹」がつくこの曲
演奏する確率は高いでしょう

普段あまり聴かない曲ですが、何か急に聴きたくなりました(^^;)

ツアーの中でも最重要曲ともなりうるこの曲
1曲目なら勢いがつくだろうし、ラストで盛り上げ、さわやかに去る・・・

1曲目、ラストどちらでもはまりそうです
 
なんかツアータイトルと同じ言葉を含むだけで、こんなにも期待度が増すとは・・・不思議です

②エソラ

これは、新アーティスト写真の照明がエソラのライヴでの照明に似ていたからです 

エソラのライブ照明
虹


新アーティスト写真

 
artistphoto1602.jpg


なんか「虹っぽい感じ」が似てますね

「虹の彼方へ」と「エソラ」を続けて演奏したら最高でしょう


③one two three

この曲は、結構隠れファンが多いのでは?
(歌詞解釈はこちら)

幻となったホールツアー「DEAR WONEDERFUL WORLD 」で演奏する予定?が、結局はお蔵入りに・・・

つい先日の対バンツアーで、アルバム発売日から約14年ぶりにようやく初披露となりました。 ファンが選ぶ「ライヴで聴きたい曲」では7位に入っています。

盛り上がりそうな曲なので、是非披露してほしいです。


④ILL BE(シングルバージョン)
やりそうでやらない、もうこのツアーでやるしかないでしょう。

ファンが選ぶ「ライヴで聴きたい曲」では2位に入っています。
(アルバムバージョンも票に含む)

⑤イノセントワールド
やっぱ歌詞の 「虹の彼方へ放つのさ」がツアータイトル「虹」を連想させ
曲の雰囲気もぴったり。

⑥you make me happy
「このあたりでムーディーな曲を・・・」というMCと共に演奏してくれたら嬉しいです。
ホールという狭い空間とこの曲の雰囲気がマッチしそうです。

⑦ROLLIN’ ROLLING~一見は百聞に如かず
この曲は対バンツアーで演奏されそうでされなかった曲
会場が異様な空気に包まれそうですが
もし1曲目に演奏されたらどきもを抜かれそうです。

⑧UFO
この曲もアルバムではなかなかの人気曲だったのですが
結局ライブでは一度も演奏されず・・・そろそろ演奏しそう。
ファンが選ぶ「ライヴで聴きたい曲」では10位に入っています。

⑨街の風景
「街」と「風景」という響きがホールツアーで地方都市をまわるという
イメージにつながります。

⑩I'm sorry 
 こういった曲をいきなり中盤でやるのがミスチルの真骨頂。
そういった意外性をファンは求めています。

⑪Distance
長い間ライブでは演奏されていませんが、you make me happyと
続けて演奏されたら、場の空気が一変しそうです。

⑫simple
会場があたたかで和やかな雰囲気に包まれそう。

⑬渇いたKISS
歌詞が逸品のこの曲ですが、ライブではなかなか演奏されません。キーが高いから?
ファンが選ぶ「ライヴで聴きたい曲」では9位に入っています。

⑭ロード・アイ・ミス・ユー
ライブではほとんど演奏されていません。「懐かし曲」枠で是非一曲。

⑮羊、吠える
サビのドラムが聞きたい。ここで演奏しないともうチャンスが・・・

⑯星になれたら(歌詞と雰囲気がホールに合いそう)

⑰彩り(雰囲気がホールに合いそう)

⑱足音(2015年ミスチル最重要曲その①)

⑲starting over(2015年ミスチル最重要曲その②)

⑳思春期の夏
(ラストチャンスかも)



以上20曲でした。

あくまでセットリストの予測で、自分の演奏してほしい曲とは違いますが、
とにかく今回のツアー、何が飛び出すか分からないので本当に楽しみです。

さいごに

以上「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」についての考察でした。

当ブログでは、ツアー「虹」終了まで、随時情報をアップしていきますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください(^^)

まだまだ作りたてのブログですが、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m


 




このブログで読まれている人気関連記事


無題2


無題 

無4 
 


無題222

無題2222


無題21

無 

無3 

無2  

関連記事
ブログパーツ