【今回は大丈夫?】2012年popsaurus東京ドーム3曲カット騒動を振り返る

東京ドーム3曲


「そういえば、過去に東京ドームで3曲カットされたことがあったような・・・」

今回、ドーム&スタジアムツアーの開催地の「東京ドーム」を見て、あの悲劇を思い出したため

過去にミスチルファンの間で騒動となった「東京ドーム3曲カット問題」について振り返ってみたいと思います。

東京ドーム3曲カット騒動とは?

2012年に開催されたベストアルバム「ミクロ」「マクロ」をひっさげてのツアー「popsaurus2012」。

このツアーの東京ドーム公演で、時間の関係上、他の会場で演奏された「しるし」「Round about 」「光の射す方へ」の3曲がカットされた時の騒動をいいます。

ちなみにその時のセットリストは以下です(がカット曲)

popsaurus2012セトリ

01 エソラ
02 箒星
03 youthful days
04 LOVE
05 GIFT
06 Everything(It's you)
07 デルモ
08 End of the day
09 終わりなき旅
10 Dance Dance Dance
11 ニシエヒガシエ
12 フェイク
13 365日
14 しるし←カット
15 くるみ
16 Sign
17 1999年、夏、沖縄
18 ロックンロールは生きている
19 Roundabout~孤独の肖像~←カット
20 Worlds end
21 fanfare
22 innocent world
~encore~
23 ラララ←「東京」へ変更
24 彩り
25 光の射す方へ←カット
26 overture
27 蘇生
28 祈り~涙の軌道

なぜカットされたのか?

そもそもなぜカットされたかというと

東京ドームの平日の公演は近隣住民の迷惑になるという事で、21:30以降は演奏による音出しを規制しています。

(観客を誘導するためのスタッフによるマイク放送などは除きます)

その為に、時間が足らず、予定していた全ての曲を演奏する事ができませんでした。

当日の開演時間は予定通り18:30ぴったりだったので、開演時間が遅れたとかいうのが原因ではないです。


ファンの声

この件に対して、当時ファンからは

「こんな事って過去ありましたっけ?かなりへこみました・・・」

「楽しみにしてたのにまさかセトリカットとか驚きました‥。」

「なんだか不完全燃焼でした」

「365日のSEカットすればランアバぐらいはできるでしょうに‥ 」

「次回ツアーは東京ドーム平日を避けて土日に申込みが集中しそうですね。」

「東京ドームのみ制約があるのなら、最初から3時間半のステージ構成にないなければいい。」


当然ながら、他の会場より曲が少ないという事実に対し、ファンの不満がネット上に溢れ返りました。

やはり「聴きたい曲がきけなかった」というショックが大きかったのでしょう。


それとは逆に

「曲カットはあったけど、ライブは最高だった!」


という声も多数聞かれました。

今回のドーム&スタジアムツアーは大丈夫?

今回の東京ドーム公演は

2017年6月29日(木)開場 16:00 / 開演18:00
2017年6月30日(金)開場 16:00 / 開演18:00

魔の平日公演・・・

しかし、開演時間をよく見てみると

18:00

3曲カットされた「popsaurus2012」の18:30開演より30分早いです。

30分なら1曲5分としても、6曲分だから大丈夫みたいですね(^^)

ちなみに名古屋でも・・・

実は「popsaurus2012」はツアーラストのナゴヤドームも2曲カットされていました。

その時の開演時間は

2012年6月5日(火) 19:00開演
2012年6月6日(水) 19:00開演


平日で19時開演はちょっと遅いですね。


ちなみに今回のドーム&スタジアムツアーの名古屋公演はというと・・・

2017年6月10日(土)  開演17:00
2017年6月11日(日)  開演17:00


土日開催で、開演時間も17時と当時より2時間も早いので大丈夫そうです。


さいごに・・・

ライブはどうしても生ものなので、運営上のトラブルやミスなどは避けられません。

時には、それが原因でセットリストの変更を余儀なくされることもあるでしょう。

今回のドーム&スタジアムツアー何事もなく、無事に完走してくれる事を願っています。
関連記事
ブログパーツ