音楽カルチャー誌「ラッキーラクーン44」に桜井和寿が登場!濃い内容です。

tumblr_inline_ok1ecenBNJ1r0zned_500.jpg


音楽雑誌「LuckyRaccoon 44 」が発売されました!

この雑誌は、音楽ライター・森田恭子さんが個人発行する音楽カルチャー誌で、通販のみの販売となっております。

今回の内容は
①ホールツアー「虹」のライブレポ(6ページ・写真含む)
②桜井さんの単独インタビュー(14ページ・写真含む)
の2本立てです。

まだ発売間もない為、詳しくは話せませんが感想をサラッとお話します。

思わずうなってしまったライブレポ

これはブログを書く人間としての個人的な感想になり申し訳ないのですが

ライブレポ読んでいて思わず「すごい!」とうなってしまいました。

普段、ライブレポを流し読みする自分にとって、初めての経験だったのですが、なぜそうなったのか改めて自己分析してみると

「プロの凄さを改めて知ったから」なんです。

わたしも素人なりにライブレポというのを書いてみたのですが、当然ながらレベルが違います。

森田さんは①語彙力②表現力の幅が素晴らしい。

例えば

「雄弁なアコーディオン」「つぶやくようなピアノ」「聴く人それぞれがタイムマシーンに乗り込み・・・」

こんな言葉、普通なかなか思い浮かびません。

バンドのプレイや観客の様子など、それぞれの例え方が美しく、それでいてレポ全体の流れが一つにつながっているんですよね。

やはりプロのテクニックは半端ないです。

あとレポを読んでいて強く思ったのが、「きっとミスチルの音楽が好きなんだろうな・・・」と。

もちろん森田さんは仕事として書いているのでしょうが、レポ全体からミスチルに対する愛情のようなものが物凄く感じられました。

桜井さん、本音で語る

続いて桜井さんの単独インタビューについてですが

先月発売のMUSICAはメンバー4人でのインタビューでしたが、今回は桜井さん一人です。

ネタバレになる為詳しくは書けませんが、特に注目したのが

・ホールツアー「虹」での「you make me happy」選曲の理由

・「ヒカリノアトリエ」ににシークレットトラックを収録した理由

そしてなんと

「やさしすぎる嘘」ついて桜井さん自身の解説まであります!

わたしも「やさしすぎる嘘」の解釈をしてみたのですが、ちょっとニュアンスが違いましたね。

インタビュー全体的には「そこを知りたい!」と思っていた事をピンポイントで知ることができ、非常に充実した内容でした。

販売ページの紹介

ということで

興味をもたれたファンの方は以下のサイトで購入できます。

是非読んでみて下さいね。

「LuckyRaccoon 44 」通販ホームページ

ついでに森田恭子さんのツイッターも紹介します



関連記事
ブログパーツ