ミスチルメンバーの怪我、病気、天災による公演中止を振り返る【小脳梗塞、換気扇事件など】

今回の桜井さんの風邪による名古屋公演延期を受けて、過去の怪我や病気による公演の中止などを振り返ってみたいと思います。

【桜井和寿】 1997年サーフィンによる骨折

桜井さん人生初の骨折(第六助骨)。活動停止中の骨折だった為、活動に大きな影響は無し。

ネットで検索しても出てこないので、よほど古いファンでないと知らないエピソード。


【桜井和寿】2002年7月23日 32歳 小脳梗塞

ミスチルの長い歴史の中で、バンド最大の危機。

予定されていたツアーは全公演キャンセル。






【桜井和寿】 2004年2度目の骨折

「シフクノオト」CM撮影中に左側の肋骨を亀裂骨折。

ファンの間では結構有名な話。









【桜井和寿】 2004年 「BGM Vol.2 〜沿志奏逢」 大阪公演 風邪

2004年1月大阪ブルーノート公演前、桜井さんが風邪をひく。

「公演を中止して、お詫びとして来てくれたお客さん全てと握手会を行うか・・・」と開演ギリギリまで悩んだあげく、結局はライブを行う。

この日のライブについて後に桜井さんは

「風邪をひいた事で余計な力が入らず、逆にいいパフォーマンスができた」と述べた。


【桜井和寿】  2009年 終末のコンフィデンスソングス 喉の不調による公演延期

日本ガイシホール2日目、桜井さんの喉の調子がおもわしくなく、公演を延期。

延期についての桜井さんは

「コンディションを整えようと、様々な手を尽くしましたが、 やはり今日はカブトムシほどの声しか出ません。」

とのコメントを残す。


【桜井和寿】 2013年[(an imitation) blood orange]Tour 喉不調により2曲カット

2月24日(日)マリンメッセ福岡でのライブ、桜井さんの喉の調子が思わしくなく、「pieces」と「祈り~涙の軌道」の2曲をカット。

ファンからは「伝わるものがありいいライブだった」「好きな曲なだけに残念・・・」などと様々な声が聞かれた。


【桜井和寿】 2017年 ホールツアー「ヒカリノアトリエ」名古屋公演他 風邪により公演延期

名古屋公演にて桜井さんの風邪により、11曲まで歌い上げたところで喉の不調を訴え公演中止→延期に。


【鈴木英哉】 2007年 「HOME」ツアー 換気扇指突っ込み事件

「HOME」ツアー5月5日のマリンメッセ福岡公演終了後、ドラムのJENが打ち上げの席で店内に設置されている換気扇に誤って左手を接触させてしまい、 左手人差し指を4針縫う怪我を負ってしまう。

怪我の完治を優先させるため5月12日(土)、13日(日)に予定していた札幌公演を中止。


【鈴木英哉】 2013年 (an imitation) blood orange Tour 体調不良による公演延期

2013年の1月3、4日[(an imitation) blood orange]Tour福岡ドーム公演をJENのウィルス性の胃腸炎のため延期。

ライブ当日、ギリギリまで点滴などの処置を行い回復を望んだが結局は断念。

中止発表の時間はライブ当日の14時(開場は1時間後の15時)。

遠征などで遠方から現地入りしていたファンも多く存在し、様々な物議をかもした。




その他、天災などによる公演延期


2004年 「シフクノオト」ツアーファイナル沖縄公演が台風21号の為中止

2004年の9月26日(日) 沖縄県・宜野湾市海浜公園屋外劇場が台風で中止に。


2007年 「ap bank fes’07」 台風4号の影響の為、急遽公演中止

2007年7月14日(土)、7月15日(日) 「つま恋」(静岡県掛川市)にて予定されていたap bank fes’07、初日と二日目が、台風4号の影響の為、急遽中止に。

7月16日の最終日のみ、会場設営スタッフの徹夜での頑張り(一度解体→再度組み立て)と天候回復のお陰で何とか開催された。


2011年2月 「SENSE」ツアー東日本大震災の影響により延期

2011年、東日本大震災の影響で大阪、和歌山、仙台、盛岡の4会場8公演が延期に。

この中で大阪と和歌山のみ振替公演が5月14日・15日に京セラドーム大阪で開催。

仙台と盛岡公演は中止となった。


一覧表

ここまでを一覧表にしてまとめます

中止一覧

メンバーの怪我、病気、天災による影響は計12回


病気・・・6回
怪我・・・3回
天災・・・3回

まとめ

どうしても避けられないメンバーの病気や天災。

自分もこの中で2度、中止と延期を経験しています(小脳梗塞とJENのウィルス胃腸炎)

ファンやメンバーにとっては非常に辛い公演中止ですが、ミスチルのメンバーも人間である以上いたしかたないこと。

ファンとしては頭の片隅に入れておくといいのかもしれませんね。

関連記事
ブログパーツ