ミスチルが主題歌を担当した映画の興業収入ランキング

新曲「himawari」が映画主題歌に決定し、発売日も近いので、今回は「ミスチルが過去に主題歌を担当した映画の興業収入ランキング」を紹介したいと思います。

映画の興業収入ランキング

映画3  



ミスチルが主題歌を担当すれば映画がヒット?


通常、映画業界では「興業収入が10億を超えればヒット」と言われています(ウィキペディア興行的成功より)

となるとミスチルが担当した10作品は10億越えなので、「ミスチルが主題歌を担当=映画がヒット」という図式がなりたちますね。

逆を言えば、ある程度ヒットしそうな話題性のある映画にミスチル側が曲を提供しているとも言えます。


「恋空」が意外と健闘

表を見て一番気になったのは「恋空」興業収入39億(主題歌は旅立ちの唄)

完全に若者向けの恋愛映画だったという事で、ファンの間では若干不評だった「恋空」ですが意外とヒットしていたんですね。

主題歌の「旅立ちの唄」は売上38.7万枚で、ライブでの演奏は、初披露の「HOMEスタジアム」と「ホールツアーヒカリノアトリエ」の2回。

シングル曲としてはちょっと地味な存在かもしれません。

近年のヒット映画と比べてみました

eiga5.png   


※数字は年間映画興行収入ランキングより、7月1日現在のものです


「君の膵臓を食べたい」はどうなる?

小説「君の膵臓を食べたい」は累計発行部数は75万部のヒット作であり、そこそこ話題性もあるので、おそらく興行収入25~35億位はいくのではないでしょうか。

映画が話題になれば、「himawari」にスポットが当たるでしょうから、是非映画ヒットしてほしいものです。


それでは・・・


関連記事
ブログパーツ