わたしが勝手に選ぶ、Thanksgiving 25ベストパフォーマンス

前回の記事で、みなさんにアンケートという形でベストパフォーマンスを募りましたが今回は、完全なわたし自身の主観によるランキングを紹介します。


福岡ヤフオクドーム公演


IMG_9946.jpg




1位 1999年、夏、沖縄

もともと好きな曲なのに加え、桜井さんの25周年についての語りに感動。

2位 GIFT

歌詞が25周年にリンクした。ファンとメンバー、お互いの気持ちをそのまま表しているようだった。

3位 エソラ

ライブ直前に読んだパンフレットのインタビュー「ミスチルにも終わりがくる」が歌詞の「やがて音楽は鳴りやむと分かっていてそれでも僕らは今日を踊り続けてる」とリンクしたから。

4位 ランニングハイ

理由は分からないが、聴きながらなぜか「無」になれた。

5位 こんな風にひどく蒸し暑い日

レア度が半端ないのと、毎年夏には良く聴いていた楽曲で特に期待していたから。

6位 ヒカリノアトリエ
 
何となく「ほっ」としたから。

7位 everybody goes

「皆病んでる」というフレーズがなぜか響いた。あと1997年のツアー「regress or progress final 福岡ドーム」公演での演奏を思い出したから。

8位 思春期の夏

これは全く予想していなかったのでビビったし、JENの歌声を聴けて単純に嬉しかった。

9位 Any

曲はもちろん、ブラス隊の演奏が良かった。

10位 CROSS ROAD

MCが印象的だった。





広島エディオンスタジアム公演

IMG_9982.jpg 



1位 終わりなき旅

はっきりした理由は分からないが、とにかく感動した。

2位 himawari

ドームで聴いた時は初聴きでピンとこなかったが、CDで聴きまくった後だったので全然感動が違った。

3位 シーソーゲーム

野外という解放感が曲とマッチした。

4位 1999年、夏、沖縄

夏の野外でこの曲を聴くというのが、ミスチルファンとしての一つの夢だったから。

5位 Simple

スクリーンに映し出されるフレーズ一つ一つが響いた。

6位 Tomorrow never knows

単純に桜井さんの歌声に感動した(声量、歌の上手さ)

7位 CENTER OF UNIVERSE

桜井さんの後ろ姿(風に揺れるジャケット)とオープニングという会場の空気感が混ざり合いワクワクした。

8位 足音 ~Be Strong

だんだんと暗くなりかけた会場に響く圧倒的な声量と青い照明にグッときた。

9位 innocent world

「ミスチルはやっぱりこの曲だ」と思えた。

10位 GIFT

ドームでも感動したが、スタジアムでも同じく感動した。



 
無題rannkinngu



以上、Thanksgiving 25ベストパフォーマンスランキングでした。

自分でも不思議だと感じたのですが、ドームとスタジアムで曲がほとんど被っていないです・・。

おそらく、1回目のライブというのは、セトリを全く知らない状態で参加するので、選曲のインパクトや意外性など直感重視になるんでしょう。

2回目は、セトリを知った状態で参加するので、楽曲の音やフレーズがまた少し違って聞こえてきます。

そして、当日のテンションや体調、気分などにも影響されますよね。

ライブは生き物なんだなぁとつくづく感じました。

それでは・・・。
関連記事
ブログパーツ