記事一覧

「here comes my love」を聴いて思った事

 09_herecomesmylove.jpg


ついいに解禁となったhere comes my love。

曲を聴き終えた後、強く感じたのが

「ミスチルはやっぱバンドなんだな」

という事です。

頭を横切ったある名曲

here comes my loveを聴き終えた後、ある往年の隠れた名曲を思い出しました。

その曲とは「旅人」です。




「曲調全然違うやん」

そういった声が聞こえてきそうですが、おそらく旅人とリンクしたのは

力強いバンドサウンド


いつものミスチルであれば、曲後半に壮大なストリングス(ヴァイオリン、ヴィオラなどの弦楽器)をからめ

曲にスケール感を出す事が多いですが、今回はそれがありません。

あくまでメンバー4人の演奏がメインです(ギターソロもあり)。

ストリングスの音もほんの僅か聞こえますが、いつもとは逆で、メンバーの楽器の音がストリングスをかき消しています。

もし「ミスチル」という一つのジャンルがあるとすれば、そこにストリングスは必要不可欠だとは思いますが

今回の新曲に関してはあえてストリングスを弱めた事で逆に曲に新鮮味が出て、そこが曲一番の魅力になっているよう思います。


イントロがいい

今回のイントロはシンプルでいいですね。

物静かなイントロで「スーッ」と曲に入り込めます。

一瞬「血の管」を連想してしまいましたが、「葬式をイメージして作った」という血の管とは違い

少し前向きな感じがします。

音は似ていますが、意味合いは全く違って聴こえますね。

ようやくマーキュリーの謎が判明

「僕の中に間違いなくマーキュリーはいます」

「現在制作中の新曲はQUEENを彷彿させる曲」


2016年にそう語っていた桜井さんですが、ようやくこの楽曲が「here comes my love」と判明しました。

①物静かなイントロ(初期QUEENを彷彿とさせる)
②裏声の出し方
③ギターソロ

「虹」のDVDでもマーキュリーの写真入りTシャツを着ていた桜井さんですが、これは「here comes my love」への布石だったんですね。




ライブ映えしそう

ミスチルには「ライブ映えする曲」と「しない曲」があると思っていますが

here comes my loveは間違いなくライブ映えしそうな楽曲。

音がダイレクトに伝わってくる気がするんですね(ギターソロもありますし)

ライブ後半(本編ラスト)あたりで聴けたら最高です。

最後に一言

という事で長くなりましたが、最後に一言言わせて下さい!

良すぎる・・・この曲は良すぎる・・・

以上「here comes my love」についてでした。


関連記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: