ホールツアー「虹」ファンクラブ先行予約について考えた事

いよいよ本日3/11ホールツアー「虹」のファンクラブ先行予約が始まりました。

aaa.png



とりあえず今回の申し込み条件をまとめると

①当日,顔認証システムでの入場は無し、身分証明書必要
②2枚申し込みの場合、同行者も事前登録・本人確認がある
③ケータイ電子チケット(紙チケット無し)
2重申し込みは全て不正扱い

④の解説
(例えば自分自身とその家族がファンクラブに入ってるとします。
 まず自分自身が1口申し込みます。
 つぎに家族の申し込みに、自分を同行者として申し込みます。
 すると2重申し込みとみなされ、全ての申し込みが不正となります)


驚いたのは④です。

ミスチルの場合、通常のアリーナ―ツアーは当選確率がかなり低いです。
そこで家族名義で、複数ファンクラブに入っている人もかなりの数がいると推測されます。

ファンクラブ費用は年間3千円ですから、ミスチルのチケットの価値と換算した場合
3千円出しても、チケットが手に入れば惜しくないという考えです。

今回はそういった方々も含め全員平等に1口しか申し込めない仕組みになっています。

今回はホールツアーで全公演合わせても、ドーム1公演分の半分の座席しかありません。

転売対策としては、これくらいの事は当然かもしれません。

もし転売した場合、チケット価格は1枚6万~10万位にはなると思われます。
(今までのアリーナツアーでのヤフオクによる落札金額を参考にしています。
ホ―ルツアーに換算にした金額です、あくまでも憶測です)

しかし、このチケット販売方法に全く問題が無いとはいえません。
①携帯電話を持ってない人やガラケーの人はどう対応するのか?
②同行者が当日病気や仕事で来れなくなった場合、空席になり、チケット代も無駄になる。

追記:ガラケーで確認しましたが、対応はしているみたいです。ただし機種によっては非対応もあるみたいです)

多分他にも色々あると思いますが、ぱっと思いついたのは以上2点です。

今回はミスチル史上まれにみる「ホールツアー」という超プレミアチケット、会場に入れるのは
ほんの一握りという事からの特別措置とも考えられます。

今後のドーム・アリーナツアーでも同様の措置が取られるかは分かりませんし、
今回だけかもしれません。

時代の流れからすると、色々なアーティストが転売対策を行っているのも事実です。

コブクロの顔認証システム
kobukuro.png


モモクロ
momokuro2.png


嵐までも
arasi.png


しかし、システム上は仕方ないとはいえ、何となく窮屈に感じるのは自分だけでしょうか?
チケットは紙ではいけないでしょうか。
自分が時代についていけないだけなのかも知れませんが・・・


今回は地方をまわるツアーだから、「地元在住の方を優先的に当選させてもいいのではないか」という声もあります。
実際に地元優先販売をしているアーティストもいます。

矢沢永吉さん地元優先販売の例


現時点では皆の「チケットをとれないかもしれない」という不安から
色々な意見交換や、チケット対策も議論されています。

最終手段として、皆のこのモヤモヤを解決する手段として


ライブビューイング

無理ならスカパーなどでの生放送。


これらを行う事による、ライブに参加できない多数のファンの救済。

是非検討してほしいものです。



関連記事

無題




無題2









にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ブログパーツ