FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チケットの当選確率を計算してみました

いよいよツアーのファンクラブ先行予約が始まりましたが、今回は気になるチケットの当選確率を計算してみました。


計算するにあたり

①日本の人口1億2659万人

②ファンクラブ会員数 50万人


2018年8月時点で新規会員のNOが656000番台(先月入会者に確認済みです)なので

そこから退会者15.6万人を引いて計算しています。

(実際の退会者数は不明です)

③総人口に対する各地域の割合

④チケットエントリー割合 95%(5%のファンは都合により参加できないと仮定)

を元に計算しています。




まずは、地域別の人口の割合を元にファンクラブ会員数を出してみます。

日本の総人口×割合で計算。


地域別ファンクラブ会員数

地方割合(%)ファンクラブ数(人)
北海道421500
東北736000
関東33167000
中部1784500
近畿1889000
中国629500
四国316000
九州1157000



エントリー数



つぎにエントリー数(実際にファンクラブ先行予約に応募する人数)です。

今回は95%の会員が申し込むと仮定します
(5%の会員は都合が悪く不参加)


地方エントリー人数
北海道20000
東北34000
関東150000
中部80000
近畿84000
中国28000
四国15000
九州54000



エントリー枚数


次にエントリー枚数です。

応募者10人中8人が同行者を募り2人で参加

10人中2人が一人で参加と仮定します。



地方エントリー枚数
北海道36000
東北61200
関東270000
中部144000
近畿151200
中国50400
四国27000
九州97200


総座席数とファンクラブ枠


つぎに、各会場総座席数と、ファンクラブ枠です。

ファンクラブ枠は未発表の為、今回は70%(10000席中7000席)と仮定します。

会場総座席数ファンクラブ枠70%
広島グリーンアリーナ16,60011620
宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ14,1269888
和歌山ビッグホエール17,00011900
北海道 函館アリーナ10,0007000
北海道立総合体育センター北海きたえーる20,00014000
サンドーム福井20,00014000
さいたまスーパーアリーナ74,00051800
大分 別府ビーコンプラザ16,00011200
横浜アリーナ34,00023800
愛知 日本ガイシホール20,00014000
マリンメッセ福岡26,00018200
大阪城ホール32,00022400



会場ごとのエントリー枚数


会場ごとのエントリー枚数です。

例えば九州は全会員のうち、7割が福岡に、3割が大分にエントリーすると仮定しています。

実際は遠征組などが加わる事で数字が大きく変わると思われます。

あくまでも目安です。


会場割合エントリー枚数
広島グリーンアリーナ中国100%・四国50%63900
宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ東北 100%61200
和歌山ビッグホエール近畿 40%60480
北海道 函館アリーナ北海道 30%10800
北海道立総合体育センター北海きたえーる北海道 70%25200
サンドーム福井中部 40%57600
さいたまスーパーアリーナ関東 50%135000
大分 別府ビーコンプラザ九州 30%29160
横浜アリーナ関東 50%135000
愛知 日本ガイシホール中部 60%86400
マリンメッセ福岡九州 70%68040
大阪城ホール近畿60% 四国50%104220



当選確率


最後にファンクラブ枠を、エントリー枚数で割り100をかけ、当選確率を出します。


会場当選確率
広島グリーンアリーナ18%
宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ16%
和歌山ビッグホエール20%
北海道 函館アリーナ65%
北海道立総合体育センター北海きたえーる55%
サンドーム福井24%
さいたまスーパーアリーナ38%
大分 別府ビーコンプラザ38%
横浜アリーナ17%
愛知 日本ガイシホール16%
マリンメッセ福岡27%
大阪城ホール21%


まとめ

以上、当選確率についてでした。

数字だけ見ると北海道が狙い目のようですね。

九州は福岡と大分の2県開催なので、エントリーが分散され当選確率が上がっています。

逆に広島と大阪は、四国(アスティ徳島)での開催がない為、当選確率が下がります。


まぁ実際は、電子チケットで転売ができず、転売ヤーによる複数購入が無くなる為、上記数字より10~20%ほどは当選確率が上がるのではないでしょか。


今回の数字はかなり大ざっぱなので参考程度にしていただけたらと思います。

それでは、皆さんのチケット当選を願っております。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。