幻となったホールツアー2002『Dear Wonderful World』のセットリストを発見!?

『Dear Wonderful World』・・・それは桜井さんの病気(小脳梗塞)により中止になった幻のホールツアー。

元々は
①ホールでのツアー『DEAR WONDERFUL WORLD』
②スケールを大きくしたアリーナツアー『IT'S A WONDERFUL WORLD』
の2本立てで行う予定でした。


予定していた日程

ホールツアー『DEAR WONDERFUL WORLD』

7/17(水) 渋谷公会堂 
7/18(木) 渋谷公会堂
7/24(水) 名古屋センチュリーホール
7/25(木) 名古屋センチュリーホール
7/27(土) 静岡市民文化会館
8/4(日)  神戸国際会館こくさいホール
8/6(火)  大阪フェスティバルホール
8/7(水)  大阪フェスティバルホール
8/9(金)  京都会館
8/14(水) 岩手県民会館
8/16(金) 鶴岡市文化会館
8/18(日) 仙台サンプラザホール
8/19(月) 仙台サンプラザホール
8/26(月)  新潟県民会館
8/28(水)  長野県民文化会館
8/30(金)  石川厚生年金会館
9/13(金)  釧路市民文化会館
9/15(日)  北海道厚生年金会館
9/16(月)  北海道厚生年金会館
9/22(日)  島根県民会館
9/24(火) 広島厚生年金会館
9/25(水) 広島厚生年金会館
9/28(土)  愛媛県民文化会館
9/29(日)  愛媛県民文化会館
10/6(日) 福岡サンパレス
10/7(月) 福岡サンパレス
10/9(水)  大分グランシアタ
10/10(木) 宮崎市民文化ホール
10/12(土) 長崎ブリックホール



アリーナツアー『IT'S A WONDERFUL WORLD』

11/16(土) さいたまスーパーアリーナ
11/17(日) さいたまスーパーアリーナ
11/26(火) 大阪城ホール
11/27(水) 大阪城ホール
12/03(火) 名古屋レインボーホール
12/04(水) 名古屋レインボーホール
12/14(土) 福岡マリンメッセ
12/15(日) 福岡マリンメッセ
12/20(金) 横浜アリーナ
12/21(土) 横浜アリーナ


このツアーの関しては、予定したいたセットリストなど一切公表されていません。

が・・・たまたま、それらしきものを発見したので紹介します。


セットリスト


IMG_9181.jpg



画像が荒くてすみません(;^_^

上から順に

LOVEはじめました
○○○
ロード・アイ・ミス・ユー
ALIVE
終わりなき旅
蘇生
優しい歌
-ENCORE-
○○○
○○○
○○○


のように見受けられます。

ファンが喜びそうな、超レア曲の「ロード・アイ・ミス・ユー」が入っていますね^^
クライマックス前にちょっと一息、ワンクッション入れる役割だったのでは?と思います。

次の「ALIVE」~「終わりなき旅」は曲の方向性や繋がり、バランスと共に流れとしては最高だと思います。

その後の「蘇生」に繋がるわけですが、ここもつなぎとしては最高の展開と思います。
そして本編ラストは「優しい歌」で締めるというセットリスト、やはり見てみたかったです。

アンコールは残念ながら不明です。

ツアートラック


IMG_9176.jpg
  出典:「MR.CHILDREN 2002 ドキュメント-HERO-」(フジテレビ系)

このトラックって結局リハーサル会場への運搬手段として楽器、機材を運ぶのに使われただけで、
日の目を見ることなく、終わってしまいました。
簡素なデザインが、ホールツアーのイメージとマッチしてなかなかいいですね。

もし、ツアーが予定通り行われていたら…と想像すると、このトラックの前で記念撮影するファンの姿が思い浮かびます。


衣装


IMG_9184.jpg
出典:「MR.CHILDREN 2002 ドキュメント-HERO-」(フジテレビ系)

どことなく結婚式を思い起こさせるような、黒のかっこいいジャケットです。
この黒のジャケットで歌っている桜井さんの姿は結局お蔵入りに・・・。

一夜限りの復活ライヴ「IT’S A WONDERFUL WORLD ON DEC 21」では真っ白のジャケットでした。

この「黒」と「白」、本来なら、2つのツアーそのものの対比としても重要な位置づけにあったのでは?
と思われます。残念です。


桜井さんのこのツアーに対する想い


桜井さんは、このツアーに関して、以下のように語っています


IMG_9179.jpg 
出典:「MR.CHILDREN 2002 ドキュメント-HERO-」(フジテレビ系)
「実はホールツアーをやりたいというのは、かなり前から思っていた事で、それこそ

Qのツアーやる前から思っていた。

素直に音を鳴らしたいという想いがあり、レコーディングに近い感覚でライブをやりたかった。

とにかく曲を演奏して届けるようなライブをやりつつ、なおかつお客さんとのコミュニケーションが

とれて、お客さんも楽しんでもらえるようなステージができたらいいなと・・・

まぁそれがホールなら出来るのかどうかというと分からないですけど、だけどどうしても

大きな会場になると、ステージセットもふくめ、パフォーマンスというものも重要になってくる。

アリーナならではの楽しさもあるけど、もっと一人一人のお客さんが見える範囲で

例えばどういう風にお客さんはアルバムを聴いてきたのか、そして作品を通じてお客さんと

どういうコミュニケーションを交わす事ができたのか、その部分をある意味で体感しながら

演奏できる良さもあるんじゃないかと思うんです。

そして、実際の僕らの演奏で、さらにお客さんを楽しませるようなライブがやれたらいいなと

そういう気持ちがありますね。
                                   

ホールツアーに関する以上4点です。

すみませんこれ以上は何も出てきません(;^_^

最後にこのツアー、中止にはなりましたがパンフレットはすでに作成してあったので当時通販で購入する事ができました。

IMG_9209.jpg

メンバーの口から『DEAR WONDERFUL WORLD』についてこう語っていました

「WONDERFUL WORLD」とはこういうものであると押しつけるような事はしたくない・・・


そう「WONDERFUL WORLD」はファンの皆がそれぞれで解釈してほしい、というメンバーの想いなのでしょう。


関連記事
ブログパーツ